会社設立の趣旨と、事業の目標
 明治16年8月16日、株式会社角弘は「弘前農具会社」として、近代農具関連の製作販売を目的に15名の共同出資により、資本金3,000円をもって設立された。
 旧津軽藩最後の国家老で、第59国立銀行(青森銀行の前身)の創設者でもあった大道寺族之助繁禎を筆頭に、15名の民間個人資本による会社組織の発足は、地方では例をみないものであった。
 屋号のは、弘前の「弘」と多角経営の「角」を採って、時代の変化に応じ地域社会への貢献・奉仕の心を盛り込んだものであった。
 営業品目は、鋼鉄、農具、鋳物等を中心に主な産業である農具関連のものを取り扱った。
IMAGE
明治16年設立当時の角弘
 以来「よい商品を、より安く」をモットーに、この一世紀余りの永い歳月、カクヒロは幾多の変化に柔軟に対応しながら「建設から暮らしまで」の商品、サービスを提供して地域社会の多様なニーズに応えてきた。
 カクヒロの企業理念は今も変ることなく、常に謙虚に一致協力、創意工夫を重ね「人にやさしく暮らしに深く」の精神のもと、これまでの経験を活かしながら、地域社会の繁栄にこれからも微力を尽くしていくことを念願している。