会社概要

会社概要 Corporate Profile

明治16年8月16日、株式会社角弘は「弘前農具会社」として、近代農具関連の製作販売を目的に15名の共同出資により、資本金3,000円をもって設立された。
旧津軽藩最後の国家老で、第59国立銀行の創設者でもあった大道寺族之助繁禎を筆頭に、15名の民間個人資本による会社組織の発足は、地方では例をみないものであった。
屋号の は、弘前の「弘」と多角経営の「角」を採って、時代の変化に応じ地域社会への貢献・奉仕の心を盛り込んだものであった。
営業品目は、鋼鉄、農具、鋳物等を中心に主な産業である農具関連のものを取り扱った。
以来「よい商品を、より安く」をモットーに、この一世紀余りの永い歳月、カクヒロは幾多の変化に柔軟に対応しながら「建設から暮らしまで」の商品、サービスを提供して地域社会の多様なニーズに応えてきた。
カクヒロの企業理念は今も変ることなく、常に謙虚に一致協力、創意工夫を重ね「人にやさしく暮らしに深く」の精神のもと、これまでの経験を活かしながら、地域社会の繁栄にこれからも微力を尽くしていくことを念願している。

 

会社名 株式会社 角弘
本社所在地 青森市新町二丁目5番1号
設立年月日 明治16年8月16日(1883年)
資本金 378,000,000円
売上高 300億円(平成30年度実績)
決算期 毎年3月31日
主な取扱品目 鉄鋼 土木 建設資材 セメント 機械工具 工事 建材 硝子サッシ 住設機器 生活用品 リフォーム 保険 オートリース 電子機器 太陽光発電 燃料 プロテオグリカン カルリン
営業地 東北/事業拠点25カ所 石油サービスステーション16カ所 専門店14カ所 プロテオグリカン研究所1カ所
従業員 330名
取引金融機関 みちのく銀行、商工組合中央金庫、青森銀行、岩手銀行

ごあいさつ Message

詳しく読む

 

経営理念 Business philosophy

「モノづくり忘れず充実拡大」

 

1883(明治16)年に前身である弘前農具会社が設立されてから、136年目を迎えることができました。地域の皆さんのご協力と、社員の方々の支えがあったことに深く感謝したいと思います。

当社の原点は『鐵(鉄)』を中心としたモノづくりの精神にあります。設立当初の目的は農機具を安く提供することで地域経済の発展に貢献することだったわけですが、その思いは現在も変わりません。例えば、青森市役所新市庁舎建設工事では庁舎建物鉄骨工事全般を手掛けておりますし、東京五輪・水泳競技会場となる東京アクアティクスセンター工事では当社が加工した躯体構造材が使われています。今年は社員一丸となって『充実拡大』というターゲットに向かい、各種建設資材はもちろん、青森発の機能性素材として注目されるプロテオグリカン商品、副産物として誕生した農業用資材カルリンの販路拡大、燃油事業などに取り組みます。

青森市の中心街では、アウガへの青森市駅前庁舎開設、青森商工会議所の駅前移転に加え、中三青森店周辺の再開発が動き出しました。当社の新町ビルがある中新町山手地区でも2棟の再開発ビルが計画されています。当社としては本社機能を維持するため、きちんとした建物を次の世代に引き渡すという目的があるわけですが、街づくりの視点からも周囲のご要望に対応したいと考えています。


役員 Officer

代表取締役会長

小田桐健藏

代表取締役社長

船越 秀彦

専務取締役(営業本部長 暮らし担当)

蒔田 清彦

常務取締役(営業副本部長 建設担当)

澁谷 秀理

取締役(青森支店長)

神 大介

取締役(八戸支店長)

芦名 浩

取締役(盛岡支店長)

葛西 一幸

取締役(管理本部長)

三原 悟

取締役(非常勤)

倉内 信夫

取締役(非常勤)

葛西 義明

取締役(非常勤)

山下 雄二

監査役

鈴木 博幸

監査役(非常勤)

北畠 滋郎

監査役(非常勤)

今 英己

執行役員(角弘エスアンドエー(株)代表取締役社長)

工藤 貢愼

執行役員(東北南支店長)

山中 武彦

執行役員(プロテオグリカン研究所所長)

米塚 正人

執行役員(土木部長)

長沢 正行

執行役員(秋田地区担当 角弘生コンクリート(株)常務取締役)

今 秀千代

執行役員(管理副本部長)

兼成 俊悟

執行役員(営業管理部長)

對馬 誠